パピヨンをブリーダーから迎える準備は何をすればいい?クレートとサークルの選び方は?

パピヨンをブリーダーから迎える準備

パピヨンは蝶のような特徴的な耳と絹のような艷やかな長毛が
魅力的な犬種であり、比較的穏やかな性格で賢いためしつけが
しやすく初心者でも飼いやすい犬種だといわれています。

ブリーダーから直接迎える場合どんな準備を行えばいいのか
わからないという方は多いですが、基本として受け入れ前に
自宅に飼い犬が過ごしやすいような生活環境を作っておくこと
が重要となります。

ケージ

外飼いではなく室内で放し飼いにするならば、飼い犬専用スペースを
作る必要はないのではと感じる方もいますが、これは人間のプライ
ベートを過ごす部屋と同様に、飼い犬だけのテリトリーは必ず作る
ことが大切です。

そこで事前準備しておくのが、犬種のサイズに応じたケージの用意や
トイレトレーやペットシート、給水器や餌を与える時に必要となる食器、
犬種や年齢にあわせてパピヨンなどの小型犬専用のフードも準備が必要です。

また飼い主と少しでも短期間で仲良くなるためのアイテムとして、
おもちゃも一緒に遊ぶ用や留守番の時用など用途に合わせて用意
しておくとストレス解消に役立ちます。

パピヨンお迎え後に用意すべきものとしては、定期的なお手入れに
使用するブラシや爪切り、汚れた時にシャンプーやリンス、散歩用の
首輪とリードなども必要です。

 

犬に必要となるアイテムとは

ブリーダーからパピヨンを迎える準備として一番最初に用意すべきなのが、
飼い犬のテリトリーの役割を持ってくれるサークルやケージ、クレートの
準備です。

これらのアイテムは日中のお留守番場所であったり、夜の寝床として
飼い犬が安心して過ごせる重要な環境となり、クレートは外出する時に
犬を安全に運び出す時に必要なアイテムとなります。

まずサークルの特徴は簡単に飼い犬の行動エリアを囲うことを目的と
した、側面のみや側面と床のみが囲まれたアイテムです。

天井がないことで開放感があることから犬を抱いて上からそのまま
入れることも可能です。

過ごしやすい

そして簡単な作りとなっていることから日々のお手入れも簡単ですし、
折りたたんで使用しないときはしまっておくことが出来ることも
大きなメリットの一つです。

長方形や正方形、六角形のものまで種類が豊富であり、パピヨンなどの
小型犬ならば小さなサイズでも問題はありません。

クレートは持ち運びが可能な小さなケージのようなもので、生活スペースと
して使用する場合は非常に窮屈になってしまうのであくまで移動時に使用
するアイテムといえます。

バッグタイプのキャリーもj販売されていますが、こちらのタイプは硬い材質を
採用しているので安定感もあり安全性も高いので、子犬の安全面を考えて
こちらの方を選ぶ方は多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)