お手入れ方法も見直してみよう

小型犬にも多くの種類がありますが、パピヨンは大きな蝶のような耳が特徴的です。
パピヨンがかかりやすい病気もいくつかありますが、脱毛症も起きやすいとされています。

毛が抜ける症状も種類と原因には違いもありますので、改善のためには
原因を突き止めることも大事です。

ノミやダニのアレルギーで毛が抜けることもありますので、
ノミやダニの駆除はしっかりとしておきましょう。

そして、お手入れが不足して、体の清潔が十分に保たれていないことも考えられます。

パピヨンの体をきれいにするためには、シャンプーは効果的です。
とはいえ、このときに合わないものを選んでしまうと
皮膚炎などのトラブルが発生し、抜け毛が増えてしまうことも考えられます。

人間用のシャンプーは安価で購入できますが、犬の皮膚はデリケートなので、
人間用では刺激が強すぎます。

使い続けると皮膚トラブルが発生しやすくなるので、
必ず犬用のものを選びましょう。

犬用のシャンプーを使う

そして、選ぶときもできるだけ皮膚や被毛に優しい、高品質なものを選ぶことも大事です。

シャンプーの成分が皮膚に残ることも肌トラブルにつながりますので、
しっかりと洗い流しておくことも大切です。

間違ったお手入れ方法が症状を悪化させることもありますので、
正しいお手入れを心がけましょう。

食物アレルギーの可能性もある

パピヨンの脱毛症の原因としては、アトピー性皮膚炎も考えられます。
人間に多い症状というイメージもありますが、最近はペットもアトピーで悩むことが増えています。

もともとアレルギー体質のパピヨンもいますし、花粉やダニ、
カビなどの要素が原因でアトピーになってしまうこともあるとされています。

ドッグフードとの相性

皮膚のバリア機能が落ち、抜け毛も増えてしまうこともありますので、
しっかりと治療をするようにしましょう。

勝手な判断で塗り薬をつけたりせず、まずはかかりつけ医に相談し、
どのような症状なのかを判断していきます。

薬を使う場合も獣医師の指導を守り正しく与えていきましょう。
アトピーはすぐに治るわけではないので、根気よく治療を続けることも大事です。

さらに、与えているフードが原因でアレルギー症状が出ている可能性もあります。
ドッグフードを変えた途端に脱毛が進んだという場合は、そのフードに
アレルギーの原因になるものが含まれている可能性があります。

パピヨン向けのドッグフードも多くの種類がありますが、
選ぶときは品質の良さや配合されている成分、素材などは
良く確認したいところです。

最近はアレルギー対策のフードも登場していますので、
そうしたタイプに選び直すことも考えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)