パピヨンが一日に必要な運動量はどのくらい?散歩はしっかり連れていきましょう

初心者でも上手にパピヨンを飼育するためには

パピヨンは小型犬の部類に入り、見た目も華奢な印象を与えるため、
室内飼育で犬自身が動きたいだけ動けばそれで運動量は足りるのでは
ないか、と考える人は少なくありません。

実際に、外に連れ出すことなく飼育している人もいます。

ただし初心者が飼育しようとする場合、パピヨンは本来しつけが
しやすい犬ではあるものの、トラブルを起こさないためには
犬自身の運動欲求を満たしてあげなければなりません。

それではどのくらいの運動が必要なのでしょうか。

まず朝早めの時間帯に30分、夕方以降に30分とするのが良いでしょう。

必要な運動量

これだけの時間を掛ければ、リードをつけて散歩をするだけで
足りるはずです。

もし犬自身の運動意欲がそれを上回り、飼育者自身が負担に思わ
ないようでしたら、1日あたりの運動時間を30分程度伸ばしても
良いでしょう。

反対に運動量が足りないと犬自身の性格がやや神経質になり、
本来は円満な性格であるはずのパピヨンでも、無駄吠えや
イタズラなどの問題を起こすようになります。

したがって充分な食事量、すなわち栄養と、適切な運動で
犬自身の欲求を満たしてあげることで素直な性格を引き出す
ことができ、上手に飼育することができるのです。

犬自身の個性を考慮し、健康状態を良好に保ちましょう

パピヨンは、円満な性格とともに賢さが魅力的な犬です。

また小型犬ながら活発ですので、飼育者にとっては楽しく
飼育できる犬種のひとつです。

しかも手入れについても手間がかかる訳ではありません。

そのため前述の通り犬の欲求を満たしてあげたうえで
上手にしつけをすれば、たいへん好ましい家庭犬になります。

とはいえ生き物の飼育に絶対はあり得ません。

健康状態に気をつける

 

つまりこのように飼育すれば万全ということはできず、
また工業製品ではなく生き物である以上は、それは当然です。

こうした問題は犬自身の個性や先天的な要因でも左右されます。

より適切に飼育しようと願うのならば、購入したいと考える
パピヨンの親を参考にすると良いでしょう。

そのためにはブリーダーとお話ができるような関係を
持つことが必要です。

ペットショップでの購入というケースもありますが、親犬の
様子を見た上で購入するのが理想的です。

家庭犬の情報誌などでブリーダーの紹介記事がありますから、
まずは訪ねて行ってお話を聞いてみるのはいかがでしょうか。

ブリーダーは当該犬種の個性に惚れ込んで、その犬種水準を
高めようと日々努力しているのが普通ですので、飼育希望者
から質問を受けることも大歓迎であるはずです。

運動量だけではなく、エサについて、被毛の手入れについて、
健康状態の維持について、色々と有益な助言を得られるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)