お手入れ方法も見直してみよう

小型犬にも多くの種類がありますが、パピヨンは大きな蝶のような耳が特徴的です。
パピヨンがかかりやすい病気もいくつかありますが、脱毛症も起きやすいとされています。

毛が抜ける症状も種類と原因には違いもありますので、改善のためには
原因を突き止めることも大事です。

ノミやダニのアレルギーで毛が抜けることもありますので、
ノミやダニの駆除はしっかりとしておきましょう。

そして、お手入れが不足して、体の清潔が十分に保たれていないことも考えられます。

パピヨンの体をきれいにするためには、シャンプーは効果的です。
とはいえ、このときに合わないものを選んでしまうと
皮膚炎などのトラブルが発生し、抜け毛が増えてしまうことも考えられます。

人間用のシャンプーは安価で購入できますが、犬の皮膚はデリケートなので、
人間用では刺激が強すぎます。

使い続けると皮膚トラブルが発生しやすくなるので、
必ず犬用のものを選びましょう。

犬用のシャンプーを使う

そして、選ぶときもできるだけ皮膚や被毛に優しい、高品質なものを選ぶことも大事です。

シャンプーの成分が皮膚に残ることも肌トラブルにつながりますので、
しっかりと洗い流しておくことも大切です。

間違ったお手入れ方法が症状を悪化させることもありますので、
正しいお手入れを心がけましょう。

食物アレルギーの可能性もある

パピヨンの脱毛症の原因としては、アトピー性皮膚炎も考えられます。
人間に多い症状というイメージもありますが、最近はペットもアトピーで悩むことが増えています。

もともとアレルギー体質のパピヨンもいますし、花粉やダニ、
カビなどの要素が原因でアトピーになってしまうこともあるとされています。

ドッグフードとの相性

皮膚のバリア機能が落ち、抜け毛も増えてしまうこともありますので、
しっかりと治療をするようにしましょう。

勝手な判断で塗り薬をつけたりせず、まずはかかりつけ医に相談し、
どのような症状なのかを判断していきます。

薬を使う場合も獣医師の指導を守り正しく与えていきましょう。
アトピーはすぐに治るわけではないので、根気よく治療を続けることも大事です。

さらに、与えているフードが原因でアレルギー症状が出ている可能性もあります。
ドッグフードを変えた途端に脱毛が進んだという場合は、そのフードに
アレルギーの原因になるものが含まれている可能性があります。

パピヨン向けのドッグフードも多くの種類がありますが、
選ぶときは品質の良さや配合されている成分、素材などは
良く確認したいところです。

最近はアレルギー対策のフードも登場していますので、
そうしたタイプに選び直すことも考えてみてはいかがでしょうか。

パピヨンの特徴と子犬販売について

パピヨンの原産国はフランスやベルギーで、どことなくヨーロッパの雰囲気が漂うお顔立ちです。

蝶のような大きな耳がチャームポイントで、優雅で繊細な体つきをしており気品も感じさせます。

性格も明るく友好的で、適応能力も高い犬種なので飼いやすいのも魅力です。

パピヨンが飼いやすい

パピヨンの子犬はペットショップよりも、パピヨン専門ブリーダー(https://xn--6ck7aji3gn5dxdb.com/)の子犬販売で探すことをおすすめします。

ペットショップでは取り扱いがないところも多く、パピヨン専門のブリーダーなら沢山の子犬の中から相性の良い子を選ぶこともできます。

子犬の性格や容姿は親犬からの遺伝が大きいこともあり、どんな親犬の子であるかを知っておくことは大切です。

パピヨンは、個体によって毛色に個性があるのも特徴です。
スタンダードな毛色はトイカラーと呼ばれ、ホワイトにブラウンもしくはブラックといった3色で構成されたカラーです。

ブリーダーの子犬販売では数が多いことから、色々な毛色の子犬から選べます。
毛色は似ていてもそれぞれにバランスが異なり個性があるので、せっかくなら「この子だ!」とピンとくる子をお迎えしたいですよね。

犬を飼う時は飼い主との相性も大事です。
長い時を一緒に過ごしてくれるパートナーになるのですから、ぜひ運命の子を見つけてみてください。

飼うなら女の子!?パピヨンの性別の違い

パピヨンを飼う時、男の子と女の子のどちらにしようか迷う方は多いでしょう。
性別によって飼いやすさの違いや、性格に違いがあるのかも気になるところです。

結論から言ってしまうと、性別による違いはさほどありません。
男の子だから活発、女の子なら大人しいというようなイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、パピヨンの性格は親犬の遺伝が大きく影響します。

親犬がやんちゃな子なら子犬もやんちゃな性格になる確率が高いということです。

パピヨンの親子

パピヨンの男の子の特徴をあげると、マーキングをする可能性があります。
中には女の子でもマーキングをする子もおり、しっかり躾をすれば直るので安心してください。

女の子の特徴は、半年に1回ほど生理のような出血があります。
これは人間と同じで妊娠をするための生理現象で、出血は2週間ほど続きます。

それほど大量に出血したり長く続くものではないですが、期間中はペットパンツなどを履かせてあげると汚れ防止になって安心です。

男の子も女の子も病気の予防のため、避妊手術をする飼い主も増えてきています。
去勢や避妊手術をすることで、男の子と女の子の違いも気にならなくなるとも言われています。

特に性別に希望がなければ、まずは相性を重視するのがよいでしょう。

パピヨンの「頭いい」と感じるポイント

初心者でも飼いやすい!パピヨンの特徴

犬って人懐っこいし賢いイメージがあるので、猫と並んで人気の
ペットですよね。

自分も犬を飼って家族を増やしたいと考えた時、次に考えるのが
どんな犬種を飼うかという事です。

自分がどんな犬を飼いたいかでもどの犬種を選ぶべきかという事は
変わってきますが、人気の犬種の中でも最近ブリーダーがおすすめ
しているのが、パピヨンです。

パピヨンは原産国がフランスとベルギーであり、体高が28センチ程度
で4~6キロの小型犬です。

飼いやすい

特徴はアゲハチョウのような形をした大きな耳で、パピヨンと
いう名前はフランス語で蝶を意味することに由来しています。

愛らしい見た目とその小ささから、マンションなどで暮らして
いるという方にも人気が高い犬種です。

ブリーダーの中では、パピヨンはとても友好的な性格をしていて、
人に懐きやすいということで知られています。

自分から人に寄って行くくらい人懐っこいので、飼ったのに
なつかないという心配がほとんどないというのも特徴の一つです。

さらに毛質がシングルコートなので毛が長い犬とはいっても
手入れがしやすく、体臭もしにくいほうです。

犬を飼いたいけど臭いが心配という方も、比較的安心して飼える
犬種でもあります。

実は頭がいい犬種でもあるってホント?

頭がいい犬種と聞くと大型犬が頭に浮かぶ方も多いと思いますが、
実はパピヨンは頭いい犬種としても有名です。

パピヨンはとても勇敢な性格をしていることが多く、中には自分
よりも大きな犬にも立ち向かう子も多いのが特徴です。

また家族を大切にする愛情深さもあるので、そういう特徴から
芯のある犬種であるということでも知られており、そこから
頭がいいというイメージにつながっていると言えます。

しつけやすい

愛情が深い犬ということで飼い主への主従関係を大切にするので、
よく言うことを聞くというのも頭がいいと言われる一つの理由です。

一度は主従関係を作る事で一度教えたこともよく覚えるように
なるので、しつけがしやすいというのも特徴です。

犬を飼ったことがないのでしつけが出来るか心配という初心者の
方にも、安心な犬種の一つです。

パピヨンは一般的にブリーダーの中でも頭がいい犬種として
知られていますが、よくいうことを聞いてもらうためには
やはり自分が上であるという関係性をしっかりと築くことが
大切になります。

パピヨンはその点にさえ注意すればとても扱いやすい犬種なので、
犬を家族に迎えたいと検討中の方は、パピヨンを候補に入れて
みることをおすすめします。