純血種のパピヨンと出会いたいなら専用ブリーダー

自宅で子犬を飼う予定のある方で、パピヨンを希望されるという場合はペットショップに行っても限られた犬種しか取り扱いされていないことも多く、純血種のパピヨンと出会う機会がないという声も少なくありません。

純血のパピヨン

そんな悩みをお持ちの方におすすめするのが、パピヨンを専門にブリードを行っている「パピヨンブリーダー.com」を利用する方法です。

このサイトではパピヨンの子犬に関する情報や、専門ブリーダーから常に当犬舎における出産情報など、常に新しい情報を掲載しているのでこの犬種を求めている多くの飼い主の方が利用しています。

この犬種は成犬時のサイズが2~3キロくらいの間で非常にコンパクトであり、日本の住宅内でも問題なく飼うことができるサイズであることから、非常に人気が高くなっており、初めてこの犬種を飼われるというお客様に関しては、専門スタッフによる丁寧な説明や相談などにも対応しているので、初めて利用する方でも安心です。

パピヨンブリーダー.comでは、日本でもこの犬種のブリーダーとして専門的に繁殖を行っており、犬舎では実際に見学を随時行っています。

親犬をはじめ親戚犬や兄弟犬達も合わせて見ることができるため、配慮された繁殖環境で対応している安心感も人気の理由となります。

優秀な血統のパピヨンと出会えるのでおすすめ

パピヨンブリーダー.comではパピヨンを専門としたブリードを行っており、血統には北欧系やイギリス系など様々な系統からそれぞれの素晴らしい特徴を考えながら移動している特徴を持っており、犬舎で産まれた多くのパピヨンは成長後は短くとても詰まった切れた体をしていると高く評価されています。

実際に犬の顔立ちも大人になってもこの犬種らしい童顔で、かわいらしくなるように配慮しながら繁殖を心がけており、この犬種のスタンダードとして本来の形と健康面にも気を使っています。

そして実際にサイトで紹介されているのは、国際血統証明書つきの優秀な子達であり、日本国内の多くのパピヨンファンのご家庭の元に旅立っている実績を持ちます。

パピヨンを引き取る

このサイトではこの犬種を飼う場合の基本情報には、正しい飼い方についての分かりやすい説明や、初めて犬を飼うという方に必要なトイレのしつけ方法、無駄吠えの対策や噛み癖の対策といった家族として一緒に生活をしていく上で愛犬に教えるべきしつけの方法なども詳しく掲載されています。

産まれたばかりの子の写真付きの紹介ページや、犬舎紹介、里親による便りなども掲載されているので参考になります。

お手入れ方法も見直してみよう

小型犬にも多くの種類がありますが、パピヨンは大きな蝶のような耳が特徴的です。
パピヨンがかかりやすい病気もいくつかありますが、脱毛症も起きやすいとされています。

毛が抜ける症状も種類と原因には違いもありますので、改善のためには
原因を突き止めることも大事です。

ノミやダニのアレルギーで毛が抜けることもありますので、
ノミやダニの駆除はしっかりとしておきましょう。

そして、お手入れが不足して、体の清潔が十分に保たれていないことも考えられます。

パピヨンの体をきれいにするためには、シャンプーは効果的です。
とはいえ、このときに合わないものを選んでしまうと
皮膚炎などのトラブルが発生し、抜け毛が増えてしまうことも考えられます。

人間用のシャンプーは安価で購入できますが、犬の皮膚はデリケートなので、
人間用では刺激が強すぎます。

使い続けると皮膚トラブルが発生しやすくなるので、
必ず犬用のものを選びましょう。

犬用のシャンプーを使う

そして、選ぶときもできるだけ皮膚や被毛に優しい、高品質なものを選ぶことも大事です。

シャンプーの成分が皮膚に残ることも肌トラブルにつながりますので、
しっかりと洗い流しておくことも大切です。

間違ったお手入れ方法が症状を悪化させることもありますので、
正しいお手入れを心がけましょう。

食物アレルギーの可能性もある

パピヨンの脱毛症の原因としては、アトピー性皮膚炎も考えられます。
人間に多い症状というイメージもありますが、最近はペットもアトピーで悩むことが増えています。

もともとアレルギー体質のパピヨンもいますし、花粉やダニ、
カビなどの要素が原因でアトピーになってしまうこともあるとされています。

ドッグフードとの相性

皮膚のバリア機能が落ち、抜け毛も増えてしまうこともありますので、
しっかりと治療をするようにしましょう。

勝手な判断で塗り薬をつけたりせず、まずはかかりつけ医に相談し、
どのような症状なのかを判断していきます。

薬を使う場合も獣医師の指導を守り正しく与えていきましょう。
アトピーはすぐに治るわけではないので、根気よく治療を続けることも大事です。

さらに、与えているフードが原因でアレルギー症状が出ている可能性もあります。
ドッグフードを変えた途端に脱毛が進んだという場合は、そのフードに
アレルギーの原因になるものが含まれている可能性があります。

パピヨン向けのドッグフードも多くの種類がありますが、
選ぶときは品質の良さや配合されている成分、素材などは
良く確認したいところです。

最近はアレルギー対策のフードも登場していますので、
そうしたタイプに選び直すことも考えてみてはいかがでしょうか。

パピヨンの特徴と子犬販売について

パピヨンの原産国はフランスやベルギーで、どことなくヨーロッパの雰囲気が漂うお顔立ちです。

蝶のような大きな耳がチャームポイントで、優雅で繊細な体つきをしており気品も感じさせます。

性格も明るく友好的で、適応能力も高い犬種なので飼いやすいのも魅力です。

パピヨンが飼いやすい

パピヨンの子犬はペットショップよりも、パピヨン専門ブリーダー(https://xn--6ck7aji3gn5dxdb.com/)の子犬販売で探すことをおすすめします。

ペットショップでは取り扱いがないところも多く、パピヨン専門のブリーダーなら沢山の子犬の中から相性の良い子を選ぶこともできます。

子犬の性格や容姿は親犬からの遺伝が大きいこともあり、どんな親犬の子であるかを知っておくことは大切です。

パピヨンは、個体によって毛色に個性があるのも特徴です。
スタンダードな毛色はトイカラーと呼ばれ、ホワイトにブラウンもしくはブラックといった3色で構成されたカラーです。

ブリーダーの子犬販売では数が多いことから、色々な毛色の子犬から選べます。
毛色は似ていてもそれぞれにバランスが異なり個性があるので、せっかくなら「この子だ!」とピンとくる子をお迎えしたいですよね。

犬を飼う時は飼い主との相性も大事です。
長い時を一緒に過ごしてくれるパートナーになるのですから、ぜひ運命の子を見つけてみてください。

飼うなら女の子!?パピヨンの性別の違い

パピヨンを飼う時、男の子と女の子のどちらにしようか迷う方は多いでしょう。
性別によって飼いやすさの違いや、性格に違いがあるのかも気になるところです。

結論から言ってしまうと、性別による違いはさほどありません。
男の子だから活発、女の子なら大人しいというようなイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、パピヨンの性格は親犬の遺伝が大きく影響します。

親犬がやんちゃな子なら子犬もやんちゃな性格になる確率が高いということです。

パピヨンの親子

パピヨンの男の子の特徴をあげると、マーキングをする可能性があります。
中には女の子でもマーキングをする子もおり、しっかり躾をすれば直るので安心してください。

女の子の特徴は、半年に1回ほど生理のような出血があります。
これは人間と同じで妊娠をするための生理現象で、出血は2週間ほど続きます。

それほど大量に出血したり長く続くものではないですが、期間中はペットパンツなどを履かせてあげると汚れ防止になって安心です。

男の子も女の子も病気の予防のため、避妊手術をする飼い主も増えてきています。
去勢や避妊手術をすることで、男の子と女の子の違いも気にならなくなるとも言われています。

特に性別に希望がなければ、まずは相性を重視するのがよいでしょう。

パピヨンが一日に必要な運動量はどのくらい?散歩はしっかり連れていきましょう

初心者でも上手にパピヨンを飼育するためには

パピヨンは小型犬の部類に入り、見た目も華奢な印象を与えるため、
室内飼育で犬自身が動きたいだけ動けばそれで運動量は足りるのでは
ないか、と考える人は少なくありません。

実際に、外に連れ出すことなく飼育している人もいます。

ただし初心者が飼育しようとする場合、パピヨンは本来しつけが
しやすい犬ではあるものの、トラブルを起こさないためには
犬自身の運動欲求を満たしてあげなければなりません。

それではどのくらいの運動が必要なのでしょうか。

まず朝早めの時間帯に30分、夕方以降に30分とするのが良いでしょう。

必要な運動量

これだけの時間を掛ければ、リードをつけて散歩をするだけで
足りるはずです。

もし犬自身の運動意欲がそれを上回り、飼育者自身が負担に思わ
ないようでしたら、1日あたりの運動時間を30分程度伸ばしても
良いでしょう。

反対に運動量が足りないと犬自身の性格がやや神経質になり、
本来は円満な性格であるはずのパピヨンでも、無駄吠えや
イタズラなどの問題を起こすようになります。

したがって充分な食事量、すなわち栄養と、適切な運動で
犬自身の欲求を満たしてあげることで素直な性格を引き出す
ことができ、上手に飼育することができるのです。

犬自身の個性を考慮し、健康状態を良好に保ちましょう

パピヨンは、円満な性格とともに賢さが魅力的な犬です。

また小型犬ながら活発ですので、飼育者にとっては楽しく
飼育できる犬種のひとつです。

しかも手入れについても手間がかかる訳ではありません。

そのため前述の通り犬の欲求を満たしてあげたうえで
上手にしつけをすれば、たいへん好ましい家庭犬になります。

とはいえ生き物の飼育に絶対はあり得ません。

健康状態に気をつける

 

つまりこのように飼育すれば万全ということはできず、
また工業製品ではなく生き物である以上は、それは当然です。

こうした問題は犬自身の個性や先天的な要因でも左右されます。

より適切に飼育しようと願うのならば、購入したいと考える
パピヨンの親を参考にすると良いでしょう。

そのためにはブリーダーとお話ができるような関係を
持つことが必要です。

ペットショップでの購入というケースもありますが、親犬の
様子を見た上で購入するのが理想的です。

家庭犬の情報誌などでブリーダーの紹介記事がありますから、
まずは訪ねて行ってお話を聞いてみるのはいかがでしょうか。

ブリーダーは当該犬種の個性に惚れ込んで、その犬種水準を
高めようと日々努力しているのが普通ですので、飼育希望者
から質問を受けることも大歓迎であるはずです。

運動量だけではなく、エサについて、被毛の手入れについて、
健康状態の維持について、色々と有益な助言を得られるでしょう。

パピヨンの「頭いい」と感じるポイント

初心者でも飼いやすい!パピヨンの特徴

犬って人懐っこいし賢いイメージがあるので、猫と並んで人気の
ペットですよね。

自分も犬を飼って家族を増やしたいと考えた時、次に考えるのが
どんな犬種を飼うかという事です。

自分がどんな犬を飼いたいかでもどの犬種を選ぶべきかという事は
変わってきますが、人気の犬種の中でも最近ブリーダーがおすすめ
しているのが、パピヨンです。

パピヨンは原産国がフランスとベルギーであり、体高が28センチ程度
で4~6キロの小型犬です。

飼いやすい

特徴はアゲハチョウのような形をした大きな耳で、パピヨンと
いう名前はフランス語で蝶を意味することに由来しています。

愛らしい見た目とその小ささから、マンションなどで暮らして
いるという方にも人気が高い犬種です。

ブリーダーの中では、パピヨンはとても友好的な性格をしていて、
人に懐きやすいということで知られています。

自分から人に寄って行くくらい人懐っこいので、飼ったのに
なつかないという心配がほとんどないというのも特徴の一つです。

さらに毛質がシングルコートなので毛が長い犬とはいっても
手入れがしやすく、体臭もしにくいほうです。

犬を飼いたいけど臭いが心配という方も、比較的安心して飼える
犬種でもあります。

実は頭がいい犬種でもあるってホント?

頭がいい犬種と聞くと大型犬が頭に浮かぶ方も多いと思いますが、
実はパピヨンは頭いい犬種としても有名です。

パピヨンはとても勇敢な性格をしていることが多く、中には自分
よりも大きな犬にも立ち向かう子も多いのが特徴です。

また家族を大切にする愛情深さもあるので、そういう特徴から
芯のある犬種であるということでも知られており、そこから
頭がいいというイメージにつながっていると言えます。

しつけやすい

愛情が深い犬ということで飼い主への主従関係を大切にするので、
よく言うことを聞くというのも頭がいいと言われる一つの理由です。

一度は主従関係を作る事で一度教えたこともよく覚えるように
なるので、しつけがしやすいというのも特徴です。

犬を飼ったことがないのでしつけが出来るか心配という初心者の
方にも、安心な犬種の一つです。

パピヨンは一般的にブリーダーの中でも頭がいい犬種として
知られていますが、よくいうことを聞いてもらうためには
やはり自分が上であるという関係性をしっかりと築くことが
大切になります。

パピヨンはその点にさえ注意すればとても扱いやすい犬種なので、
犬を家族に迎えたいと検討中の方は、パピヨンを候補に入れて
みることをおすすめします。

安価な直販価格でパピヨンの仔犬を迎え入れる

蝶のような大きな耳が特徴的なかわいらしいパピヨンを飼いたいなら
ブリーダーから買うのもおすすめです。

犬はペットショップから買うものだと思っている方も多いと思いますが
こちらから直販で買うこともできます。

ブリーダーから購入

パピヨン専門のブリーダーもあり、そこでは出産から犬を
見てきているので性格や体の事についても熟知していますし
安心して子犬を購入できるのが魅力です。

しかしメリットはそれだけではありません。
実はブリーダーからの直販のほうが安く購入することができます。

ペットショップで販売されている犬はブリーダーから
買い付けをして販売している場合とペットショップで
繁殖させて販売している場合と両方がありますが
ペットショップはお店の賃料やスタッフの人件費などが
かかるため割り高になる傾向があります。

ペットショップ

そもそも買い付けをしている場合は中間マージンが
発生しているのでさらに高くなる傾向もあります。

直販でしたら余計なコストがかかっていませんので
場合によってはペットショップの半額くらいの価格で買うこともできます。

お店という形式ではなく結構普通の家で繁殖させていることが
多いので余計なコストもかかっていないからです。

ネットから可愛いパピヨンをチェックして興味のある子犬がいれば
直接見学をさせてもらうのもいいでしょう。

生き物ですので相性もありますし社会性も見ておきたいものですし
見学は欠かせません。見学の依頼はネットや電話でもすることができ
気軽に身に行けます。

ブリーダーから気質のよいパピヨンの仔犬を我が家に

一般的にペットショップで販売されている犬より、ブリーダーから
直接迎える犬の方が気質が良いです。

気質が良い

その理由は親や兄弟との交流のある中で育っているので
社会性があり、またしつけもされていることが多いからです。

しかし、良いブリーダーを選ばないと後々トラブルになったりして大変です。

見分け方ですが、パピヨンに対しての知識が豊富であること、
施設の見学ができて子犬に触れさせてもらえるか、
動物取扱業登録証が掲示されているかなどが
ポイントになります。

それらがしっかりとされていれば、信頼できると判断して大丈夫です。

信頼できるブリーダーから迎えるパピヨンにはメリットが沢山あります。
先にも言いましたが、社会性があり気質の良い仔犬であること、
健康状態が良好であること、予防接種がちゃんとされていること、
何かあった時に聞くことができることなどのメリットがあります。

特に、パピヨンに何かあった時に聞くことができるのは心強いことです。

生まれた時から世話をしてくれているので相談しやすく、
適切なアドバイスがしてもらえるからです。

生まれた時

そして何よりも、良いブリーダーを見付けることが一番大切です。
探し方としてはインターネットでの検索、獣医で相談、
専門雑誌で探すことが簡単でおすすめです。

気質の良いパピヨンを迎えるためにも、まずは口コミなどの
利用者の生の声を聞くことが肝心です。

中には繁殖屋やパピーミルと呼ばれる悪質業者もいますので、
注意して見極めなければいけません。

ブリーダーからなら納得の上でパピヨンの仔犬を受け入れできる

パピヨンの仔犬を迎え入れる方法は、ペットショップから
迎え入れることと、ブリーダーから迎え入れる方法があります。

ペットショップは気軽に見ることができますが、ワンちゃんの
両親がわからないことと、どのようなところで育ったのか
わからないというデメリットがあります。

育つ過程

ブリーダーから迎え入れるには敷居が高く勇気がいるかもしれませんが、
多くのメリットがあります。

まずは得意としている犬種があるので、パピヨンでしたら
パピヨンを多く育てているブリーダーから迎え入れるとよいでしょう。

性格や特性、なりやすい病気などよく知っているので、
わからないことがあったら聞くことができます。

ブリーダーから譲り受けるメリットとしては、ペットショップでは
わからないことが確認できます。

わからないことを確認

直接犬舎を見ることができるので、衛生状態が確認できます。
不衛生なところですと、ノミやダニ、病気の心配があります。

犬舎を見学したいときは、注意事項など確認しておきましょう。
健康状態が確認できます。仔犬を迎え入れるにあたって
健康はとても大事なことです。

無理な交配をしていると遺伝的な問題があったり、
健康状態に問題があったりしますが、考えて交配を行っているので
親犬も大切に育てられています。

ワンちゃんの状態をしっかり確認したうえで、納得して
迎え入れることができます。

初めてワンちゃんを飼う方でもアドバイスをもらえるので、
安心して育てられます。自宅に迎え入れてからも
心配なことがあればアドバイスがもらえます。

優れた血統のパピヨンの仔犬をブリーダーから迎えるメリット

パピヨンとは、耳と尾に長い飾り毛のあるのが特徴の犬種です。
絹のような長毛で、エレガントで気品のある姿から人気になっています。

大きな立ち耳と垂れ耳の子がいて、耳の形が蝶の羽を広げたようなので
フランス語で蝶を意味するパピヨンと呼ばれています。

耳の形

性格は活発で遊びが好きな明るい性格をしており、人が好きで
穏やかな面があります。状況や家族の雰囲気を敏感に察して
賢く振舞いますが、その敏感さで神経質になってしまうこともあります。

しかし、性格や賢さからペットとして向いている愛玩犬です。
パピヨンを手に入れるには、ペットショップかブリーダーから
購入することができます。

犬を飼う場合にはブリーダーから直接購入することをおすすめします。

ブリーダーから直接購入することによって、血統や身元が
確かな子犬と出会うことができます。

また、健康な子犬を手に入れられるのもメリットと言えます。
適切な血統管理が行われていることで、ドッグショーなどで
優秀な成績を収めている親犬や祖先犬の血を引く子犬は、
容姿が整っていることが多く、内面の資質にも
恵まれていることが多いとされています。

優秀

また、ブリーダーならパピヨンに対して豊富な知識と経験があります。

そのため購入前にどんなものを準備をすれば良いのか、
購入後のしつけの仕方や飼育方法などを相談できるというのもメリットです。

その他、直接見学することによって実際に犬を見ることが
できたり、適正価格で購入できるようになっています。

ブリーダーからなら実際に仔犬や親犬を見学できて安心!

パピヨンは、手足が細く長毛で、耳と尾に長い飾り毛があって
気品がありエレガントな雰囲気から人気の愛玩犬です。

明るく活発で遊びが好き、人が好きで穏やかな面がある性格をしています。

頭が良くしつけもしやすいため人気ですが、反面、周囲の状況に
反応してしまいがちで神経質になってしまうこともあります。

そんなパピヨンを飼いたいという場合には、ペットショップや
ブリーダーから購入することができます。

パピヨンを飼う

迎え入れるときにはブリーダーからの購入がオススメです。

ブリーダーを頼ることによって、健康で身元や血統の
しっかりしている子を迎え入れることができ、飼い方や
しつけの仕方などを相談することが可能となっています。

また、メリットとしては、飼う前に実際に子犬や親犬を
見学することができるという点も良いところです。

インターネットなどで子犬を安易に選んでしまい、
直接会って話をせずに購入することでトラブルが
起きてしまう可能性があります。

実際に見に行くことによって、必要な情報をしっかり
伝えてもらうことができ、子犬の性格などを見ることも
相性を知る上では重要なことになります。

見に行く

また、ちゃんとした体型であるか、見た目だけではなく
行動に心身の不具合がないか、遺伝性疾患がないか
聞くことができるなどを行うことができます。

見学するときには、最低限の知識を押さえておくようにし、
話をよく聞いて、事前に見学が可能かどうか
連絡してから行くことが大切です。