パピヨンの特徴と子犬販売について

パピヨンの原産国はフランスやベルギーで、どことなくヨーロッパの雰囲気が漂うお顔立ちです。

蝶のような大きな耳がチャームポイントで、優雅で繊細な体つきをしており気品も感じさせます。

性格も明るく友好的で、適応能力も高い犬種なので飼いやすいのも魅力です。

パピヨンが飼いやすい

パピヨンの子犬はペットショップよりも、専門ブリーダーの子犬販売で探すことをおすすめします。

ペットショップでは取り扱いがないところも多く、パピヨン専門のブリーダーなら沢山の子犬の中から相性の良い子を選ぶこともできます。

子犬の性格や容姿は親犬からの遺伝が大きいこともあり、どんな親犬の子であるかを知っておくことは大切です。

パピヨンは、個体によって毛色に個性があるのも特徴です。
スタンダードな毛色はトイカラーと呼ばれ、ホワイトにブラウンもしくはブラックといった3色で構成されたカラーです。

ブリーダーの子犬販売では数が多いことから、色々な毛色の子犬から選べます。
毛色は似ていてもそれぞれにバランスが異なり個性があるので、せっかくなら「この子だ!」とピンとくる子をお迎えしたいですよね。

犬を飼う時は飼い主との相性も大事です。
長い時を一緒に過ごしてくれるパートナーになるのですから、ぜひ運命の子を見つけてみてください。

飼うなら女の子!?パピヨンの性別の違い

パピヨンを飼う時、男の子と女の子のどちらにしようか迷う方は多いでしょう。
性別によって飼いやすさの違いや、性格に違いがあるのかも気になるところです。

結論から言ってしまうと、性別による違いはさほどありません。
男の子だから活発、女の子なら大人しいというようなイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、パピヨンの性格は親犬の遺伝が大きく影響します。

親犬がやんちゃな子なら子犬もやんちゃな性格になる確率が高いということです。

パピヨンの親子

パピヨンの男の子の特徴をあげると、マーキングをする可能性があります。
中には女の子でもマーキングをする子もおり、しっかり躾をすれば直るので安心してください。

女の子の特徴は、半年に1回ほど生理のような出血があります。
これは人間と同じで妊娠をするための生理現象で、出血は2週間ほど続きます。

それほど大量に出血したり長く続くものではないですが、期間中はペットパンツなどを履かせてあげると汚れ防止になって安心です。

男の子も女の子も病気の予防のため、避妊手術をする飼い主も増えてきています。
去勢や避妊手術をすることで、男の子と女の子の違いも気にならなくなるとも言われています。

特に性別に希望がなければ、まずは相性を重視するのがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)